道主

    Chief instructor : 大津 日出人 / オオツ ヒデト

 

 1967年香川県生まれ 日本で柔道・ボクシング・空手を修行後、海外での経験を積む目的で1988年 単身 New York に渡り、極真会館元世界最高師範である大山茂氏に師事。後にシカゴへ移住し、極真会館主催 第4回全日本大会チャンピオンであり、100人組手完遂者でもある 現 国際空手道三浦道場 首席師範 三浦美幸氏の下で内弟子修行を積む。

 

 1994年 身体のバランス・呼吸法などを練習プログラムに取り入れた心身のコンディショニングを目的としたクラス指導の拠点としてChicago 市内に『国際空手道 大津道場』を創立。そして、18年間の在米中は空手指導と並行して多くの大会に出場し 全米選手権において '93  '94年の2連覇を含めチャンピオンに3度輝くなど選手としても数々の試合経験を持ち、現地の Sunday school や 青少年更生施設でも空手指導を行い、その成果が認められ関係機関より感謝状・表彰を受ける。 また、シカゴで出会った

*注 小杭好臣 老師 の下で10年以上に亘り坐禅修行を積み、後に法名『 釈 昊龍 』 (シャク テンリュウ) を授かる。

 2005年に帰国後、こうした海外での体験を踏まえ自身が実感して来た空手道の素晴らしさをより広めるべく埼玉県所沢市・富士見市を皮切りに渋谷区千駄ヶ谷・香川県東かがわ市にて指導及び活動中。 

 

空手道 六段 柔道 弐段 

健康管理能力検定1級 / 健康管理士指導員資格者   赤十字救急法救急員 / Basic Life Supporter

東京消防庁救命技能認定者

 

*注 国際空手道 大津道場顧問